忍者ブログ
3人子連れでのお出かけ記録や、ワタシ流お出かけ・旅行のコツなどをぽつぽつと。過去記事は赤ちゃんコミ。 ★カテゴリー⇒「ひとっとびリスト」を見てね★ なにかのお役にたてれば嬉しいです。(牛乳アレルギー対応^^;) ご参考になりましたら、ぜひコメントお待ちしてます。 「暇刊女教師」はアレルギー・育児ネタ取り揃えており。そちらもどぞ!(右サイドからリンクしてます)
[66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

筑波山へおでかけ!

花粉舞い散る春、末っ子も3歳。山にトライですよ!
tukuba01.jpg
とはいっても、ロープウエー登山ですけどね。

←当日はあいにくの曇天。それでも眺望は開けます。これを見せたかったのだ。
船橋あたりから見える山は、富士山と筑波山、これっきりです。恐るべし関東平野!

【メンバー】 
家族5人。末っ子は3歳。日中のおむつはとれました。
【交通】 自家用車
【経路】途中、常磐道に乗ること30分、土浦北ICで降ります。その後まもなく「表筑波スカイライン~筑波スカイライン」と峠道を延々と・・・・・対向車はみんな”イニD”の香りのする車です・・・^^;)))))でも、ファミリータイムだからか、煽られることもなく安全運転で往復してきました。

筑波山は男体山と女体山、二つの峰から成る山です。男体山へはケーブルカー、女体山へはロープウエーで登山できますが、お互いの乗り場は2キロ以上離れていますので注意が必要。(山頂から山頂へ歩いて30~40分で往復できるようです)

◆ロープウエイ◆
tsukuba03.jpg 白いのと赤いのが往復するのが麓からも見えて、もう盛り上がっちゃいます♪
窓が広く、子どもの身長でも外を見渡せるのがマル。片道6分です。寒い時期でそこそこ乗ってました。バイクスーツの大人が多いのが筑波ならでは?

大人往復¥1070、6歳以上¥300。

◆山頂です◆
 山頂からやや下に展望台が開けており、ロープウエイはそこに到着。ここまではまるで危険なところはありません。開けた眺望に子供たち大興奮。

”本当の”山頂へは、ここから舗装された坂道を5分ほど歩き、山頂の神社へ。神社から先は、ほんの少しだけごつごつの岩があって「山頂」到着。スニーカーでさえあれば手軽に山頂からの眺めを味わえます。
 うちの3歳児も、果敢に岩場に挑みまして山頂に立って参りました。ほとんど親の手も借りず、他の人にも迷惑をかけないペースです。ただし、勝手に一人でいかせるのは厳禁。山頂はとにかく断崖絶壁なんですから!!

◆トイレ・おむつ替え◆
 ロープウエイの麓にも山頂の駅にもトイレがあるので、子どものトイレで困ることはなし。どちらも洋式です。ただし、オムツ替えシートは皆無です。唯一行ってないトイレがありますが・・・・期待薄・・・。

◆お昼ですよ~◆
食事を取れるところは、麓のつつじが丘ではレストランが3か所。山頂駅に、眺めのいいのが一か所。今回は麓のロープウエイ会社の直営店でとりました。→うどん
 ワタシには「うまい」と「まずい」しか味覚がないのですが、「うまい」ではなかったなあ・・・・(- - )。

ま、うどん・丼系で、アレルギーでも大丈夫。

◆その他◆
tsukuba02.jpgロープウエーのふもとには、超B級の香りただようお子様スペースが広がっており。コイン遊具のリサイクルセンターというか、第二の人生というか・・・。
ガマ神社とかガマ洞窟とか・・・・怪しげです。

これは行ってみないと笑えないぞー。

つつじが丘の駐車場は¥500/日。
大きくなったら、今度はぜひ歩いて登山にトライしたいのでした。

 

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
まりえ     
性別:
女性
自己紹介:
中3boy、小6boy(卵白←解除&ハウスダストアレルギー)、小4gal(牛乳アレルギー)の働く母でございます。
オットの実家が遠いので、せっせと飛行機、新幹線を駆使して移動してましたが、最近は車でドライブ旅行を兼ねて。
ぼちぼち書いていきます。どうぞごひいきに。
コメントどうもです
[04/29 まりえ]
[04/28 すれてる]
[04/27 まりえ]
[04/26 アンデルセン]
[02/16 オレンジ]
ブログ内検索
アクセス解析

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne