忍者ブログ
3人子連れでのお出かけ記録や、ワタシ流お出かけ・旅行のコツなどをぽつぽつと。過去記事は赤ちゃんコミ。 ★カテゴリー⇒「ひとっとびリスト」を見てね★ なにかのお役にたてれば嬉しいです。(牛乳アレルギー対応^^;) ご参考になりましたら、ぜひコメントお待ちしてます。 「暇刊女教師」はアレルギー・育児ネタ取り揃えており。そちらもどぞ!(右サイドからリンクしてます)
[100]  [99]  [98]  [97]  [95]  [96]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

母1人・子3人 初めてのTDSにおでかけ! その3

ディズニーシーつづき。
周囲も暗くなり、あちこちイルミネーションが点灯。きれいだ~~でも、40過ぎのハハは鳥目になっておりー。
■14 ストームライダー■
・シアター全体が振動しながら映像を見るアトラクション。「スターツアーズ」が平気だったのでトライ。
…だったんだけど、思いのほか仕掛けがあって、娘はおびえてしまいました。終了後しばらく抱っこ。兄二人はおもしろがってましたよ。

■15・16 トランジット・スチーマーライン■
DSCN3377.jpg・TDSを半周する蒸気船。なんだかのどかな時間が過ぎていきました。園の奥から乗って、センターの港に着いたところで、列の後ろに並んでもう1回。都合園内1周の旅。

港から〔ロストリバーデルタ〕を歩きながら〔アラビアンコースト〕へ。
アトラクションは怖いけど、遺跡好きの長男は、中米風の遺跡造形に見とれておりました。

■17・18 リトライのアトラクション■
・だめおしでカーペットとカルーセル。夜景がきれいだった~~。

■ファンタズミック■
・しめは〔メディテレーニアンハーバー〕の夜の水上ショー。
船着き場近くの階段に30分前にスタンバイ。時計使って「5秒ぴったりゲーム」などしながら時間を過ごしました。
・ショーの9割くらいは見えるのと、花火が思い切り上がるのとでよかよか。
・終了後すぐ、帰路につきました。

■帰宅前のお約束■
★花火の前だったので、通路はごったがえしていたものの売店は比較的すいており。従姉におみやげひとつ買うのは余裕。
★トイレは、園の外で。この時間なら空いてます。
★外にも売店あり。ここでちょこっとグッズと、飲み物を買ってfin。

楽しかったね、また来よう。稼ぐぜ。

■ちなみに■
★いつも寝る時間くらいには帰宅したものの、全員爆睡。オットも帰宅しておらず、一人ずつ靴を脱がせてから抱っこして部屋にいれました^^;))。寝てる子らを着替えさせて…。(長男はさすがに一人で歩いた)
こんなことなら園内で歯磨きとかさせちゃえばよかった…?

■持ち物など■
飲み物(ペットボトルは園内で入手可。)水筒か、ななめがけできるケースがあると子供にはベスト。
 ディズニーまみれになりたい人は、ボトル用ストラップも売り場で一緒に手に入るっす。
★親はリュックかショルダーで。
★食事時などウェットティッシュ
★ショーで気合いを入れて場所取りをするのでなければ、レジャーシートはいらないかなあ。
 でも、冬場はストローでふくらむエアクッションとフリースの毛布があるとよい、とマイ妹の談。
(この日は、寒くなかったのだ)
★園内でポンチョも売ってる。すげー。
★待ち時間用のポップコーンケース
★待ち時間用におきて破りだが、キャンディ一袋
★「フォートレス…」で、追いかけっこをしばらくやってて、気づいたら汗だくの息子たち!!
 こんな時期なのに汗だく!着替えもってくればよかった!!
(幸い、冷えないうちに汗がひいたようで、大丈夫だったけど…次回は必須)

★それにしてもアレルギーでも食べられるスナックが少なすぎる!
 アレ娘・息子もちのみなさん、ディズニーランドにアピールしょう!まじで~~~!
 
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
プロフィール
HN:
まりえ     
性別:
女性
自己紹介:
中3boy、小6boy(卵白←解除&ハウスダストアレルギー)、小4gal(牛乳アレルギー)の働く母でございます。
オットの実家が遠いので、せっせと飛行機、新幹線を駆使して移動してましたが、最近は車でドライブ旅行を兼ねて。
ぼちぼち書いていきます。どうぞごひいきに。
コメントどうもです
[04/29 まりえ]
[04/28 すれてる]
[04/27 まりえ]
[04/26 アンデルセン]
[02/16 オレンジ]
ブログ内検索
アクセス解析

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne