忍者ブログ
3人子連れでのお出かけ記録や、ワタシ流お出かけ・旅行のコツなどをぽつぽつと。過去記事は赤ちゃんコミ。 ★カテゴリー⇒「ひとっとびリスト」を見てね★ なにかのお役にたてれば嬉しいです。(牛乳アレルギー対応^^;) ご参考になりましたら、ぜひコメントお待ちしてます。 「暇刊女教師」はアレルギー・育児ネタ取り揃えており。そちらもどぞ!(右サイドからリンクしてます)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

城山温泉にお泊り!【香川】

今年の帰省も帰路は四国経由で。
どーも全中(中学総体の全国大会)が香川だったようで、宿が軒並みいっぱいで…。やっと見つけた穴場です。

基本、日帰り入浴+大衆演劇の舞台、という施設のようで、宿泊はおまけっぽい。
フロントも、入浴施設のそれで、下足箱の鍵と風呂のロッカーの鍵を交換。それに部屋の鍵をもっていざ客室へ。
 
温泉棟と、宿泊棟は別棟なので、連絡通路を歩きます…が、なんだか暗いよー。子供一人じゃまず無理だね。ってか、私も一人じゃいやだー。

バリアフリーってなに?って通路を、まだてくてく。

お部屋いきます!

おおっ、すでに布団が敷いてある!!
実質14畳の部屋に、
 
手前の布団部屋があって…広さは結構なもの。
建物自体は高台にあるのですが、部屋からの眺望はなし。景色の一等地は温泉に譲っている模様。
部屋にトイレはあります。風呂は、温泉棟へ…。


お風呂メインの施設ですから華やか!マッサージチェアも壮観。
(でも、この手前に、どどんと大衆演劇の色男たちの垂れ幕がすごい)

風呂は文句なし。広いし、サウナもあるし、結構地元の若い子もシャンプーのカゴもって来てました。この日眺望がよかったのは男風呂。一日交代のようですが…翌日が「温泉の定休日」とかで、朝入浴はできなかったのでした…。なんだよそれー。

ただ、備え付けのドライヤーが1個しかなくてかなり残念。部屋にもないので、この日はタオルドライですませましたとさ。

夕食いきます!

しかし、ここの大広間で取る夕食はすごかった!!
このずらりに加えて・・・・

一人一匹(子供も)、タイのかぶと煮!
これがむちゃうま!!!

さらに天ぷらっ!もう、おなかぱんぱんっす。豪勢でした。

朝食いきます!

朝食もシンプルだけど、楽しい。和食なので、アレ娘もOK。
お腹いっぱいすぎて、おひつのご飯が残るのが本当にもったいなかった。
息子が大飯食らいだったらよかったのに。

アクセスその他
坂出のICから、20分くらいゆるゆると走って到着。金毘羅までは、ここから3~40分走った気がします。
「鴨川」という妙に親しみのある駅が最寄駅ではありますが、周囲に食事できるところは皆無。コンビニも見かけず。

部屋の設備など
◎部屋に冷蔵庫はなし。保冷剤を復活させることはできませんでした。
◎ソフトバンクの無線ルータが部屋にあり。
◎おいらのwimaxルータも電波キャッチ!えらい!
◎大人には浴衣、小学生にはハーフパンツとTシャツの温泉着が用意されていました。(上の写真参照)盛り上がること必至。


一人あたり¥7600。朝風呂なしは痛かったけど、料理で相殺。






PR

ホテルアジール奈良アネックスにお泊り!



修学旅行で、京都奈良に行かない息子の学校。それなら、家族で行こうじゃあないの!と、行ってきました奈良!
大抵は、宿は素泊まり、食事は近所か高速のSAで…というのが定番だったのですが、知らぬ土地で食べるところを探すより宿でとる方が速い!(しかも料金的にはあまり変わらない)という結論に達し、時間に余裕があるなら食事つき、で行こうと今回。

夕食いきます!
予約時に、4種類の夕食から選びます。そんなにたくさん食べない夫婦なので、大人は松花堂。で、こどもはハンバーグコースにしたのですが…これがかなりボリューミー。

ま、大人はこんなもんで(あとごはんとみそ汁、茶碗蒸し、果物)。

大和牛和牛ハンバーグコースはこいつに加えて……

す・・・すごい。まあ、大人一人前なんだけどさ。
ハンバーグは子供たち大絶賛。アレ娘もOKでした。
(ごまドレは×だったので、イタリアンに変えてもらった)

お部屋いきます!
部屋は、魅惑の16畳。

布団はセルフで敷きます。でも、そんなのどーでもいいくらい広い。うきうき伸び伸びですわよ。
 備品はこんな感じで。
コンセントがいっぱいで、自分の機器の充電するのに、ちょっと探した…。

有線のLANジャックがあります。
ワタシのwimaxルータは電波届いてました。



 冷蔵庫は、製氷部あったけど、翌日保冷剤は固まってなかったっす。残念。

冷蔵庫の右に、ユニットバストイレ。



朝食いきます!
朝食は、夕食と同じ部屋でビュッフェ。

和洋まぜまぜで、アレルギーでもいい感じ。写真にいれてないけど、パンがやたらおいしそうだった…。
ジュース類が充実していました。

アクセスその他
奈良市内の主要観光地から車で7~8分。高速道路のICからも10分以内で、車なら便はいいと思います。周囲にはファミレス系の飲食店も多く、素泊まりで来ても食事には困らないかな。
夜は、平城京の朱雀門のライトアップを見に、てけてけ歩きました。片道10分ちょい。いい腹ごなしでしたよ。

本当は、この日、東大寺や春日大社でもライトアップのイベントがあって行きたかったんだけど、子供たちも疲れてそうなので断念しました。今思えば、自分で運転しないでもタクシーで行ってもよかったかなあ…とちょっとだけ後悔。

お風呂は部屋の風呂の他に、大浴場(ま、中浴場かの)があって極楽~。

で、おいくら万円?
5人で泊まるとちょっと割安になって、一人あたり¥8800。
でもまあ、2食外で取ったらそれなりの金額になるからね、コスパとしてはいい感じだと思います。
客層も、家族連れ多し。また中学の遠征かな、学生さんの20人くらいの団体もいましたね。気楽に使える宿だと思いますよ。

ホテルアジール奈良アネックスへのリンクはこちら。

真夏のディズニーシー TDS その2

その2です。感想、小3娘の向き不向きなど…

1 レイジングスピリット

子供らの中で唯一、コースター系ファンなのは次男。
前回TDSに来たときはあきらめていたこいつに、1時間待たずに乗れる!というわけで並んだよ。ほかの遊園地の360°系に比べたらかわいいので、初心者向け。

これを待つ間に、長男&娘は、エリアこそ違え、実質的には隣のアトラクションになるフライングカーペットに行ってwin&win。

★サマースプラッシュ(ショー)


平日だったからか、そんなに混雑なく観覧。
つか、メディテレーニアンハーバーのカフェ群の屋外パラソルで座って見られたしー。

ちょうど、娘が謎解き中に軽い熱中症気味になっちまったので、ここでかき氷ドリンクをつつきつつ鑑賞。みんなびしょびしょに濡れてたさ。

★アクアトピア

本日ある意味最強のアトラクション。もれなく「びしょぬれコース」の魅惑的な表示。リピートで乗ったし!水がぴゅーっと吹き出る地点で、停止for水濡れするカート。
荷物はそんなに濡れないけど、念のためビニールに入れとくほうがよいと思われ。
濡れ方半端ないー。大の大人が頭からかぶるんでっせ。
※天気がよければ屋外でアトラクションに並んでる間に乾きます。
※次がファストパスとかで、日に当たらないと、冷えます。
※夕方以降乗る場合は、着替えが必要(^^;).

★ハンガーステージ

常設ショーとか正直なめてました。入ったのも「涼しいとこで座れる」くらいの気持ちでしたが…面白かったよ!迫力だったよ!(もうすぐ内容変わるみたいですが)

★インディジョーンズ・アドベンチャー

娘をだまくらかして並んだんですが…結果、絶叫で始まり絶叫に終わり…泣き入りました。すまん、娘よ。
これは、小さい子には怖い!
急な動きがあるわけじゃないんだけど、とにかくお化け屋敷並みに怖い!
仕方ないので、一緒に絶叫することにしました…不幸のネタになるので、小さい子には無理させない方が吉です。

★トイストーリーマニア


小さい子も、大人もかなり楽しいわ、これ!バズ(TDL)の方とはまた違ったシューティングアトラクションで、思ったより長いライド時間。
ムキになって撃ちまくったハハは、翌日腕が筋肉痛でした…。
ぜひ、ファストパスで。

★タワー・オブ・テラー

ラストは、次男とこれにチャレンジ。(長男&娘は当然パス)
さんざん並んで、お姉さんに案内されてからも結構な時間がかかりました。
垂直上昇&下降系は、好き嫌いあるのでご注意を。雰囲気がだめな人もまじ泣きます。

アトラクション以外のネタは、その1。こちら。
その他、これまでのTDLのチャレンジはこちら

真夏のディズニーシー TDS その1

今年は真夏のTDSにチャレンジだー!
メンバーは相変わらず、ハハ+子供3人。
有給とって、真夏の平日。
 
実は今回の目的は、最近謎解きに飢えているハハが、期間限定謎「とらわれたピノキオを救い出せ」にチャレンジすること。これ以外は、まー、おまけみたいなもんで…。

とかいいつつもファストパス並びました。
なんじゃあっ!トイストーリーマニアのファストパス発券で40分!?

1 開園1時間前。チケット売り場がらがら♪

忙しくて、チケット用意する暇なし。ネットで買えばいいんだけど、せっかくのマジックキングダムクラブ割引を使いたい…(飲み物代になるし!)子供たちと別れて並ぶつもりでいたら、売り場には列なし。こんな日もあるんですね。

2 持ち物
真夏ということで、例によって
〇日傘 〇帽子 〇飲み物 〇扇子
〇日焼け止め 〇飴 
〇歩くのでサンダル系はやめたほうがいい
          あたりは必須なんですが…

シーはとにかく水かけ祭り。
アトラクションでも容赦なしのものもあり……
〇ビニール袋…バッグなどの保護
〇タオル類(手ぬぐいなどの薄手は多めにあると重宝します)
(濡らして首にかけてても楽)
〇着替え…昼間なら乾いちゃうけどね。

3 本日の成果
※一番にトイ・ストーリー・マニアのFP取りに…大行列!
(5:30~6:30になりまちた)
※というわけで、長男がその間に”ピノキオの謎”買いに走る。
※しかも、最初に並んだアクアトピア、15分くらい待ったところでシステム停止!!ついてねー!!
(  )内は待ち時間です。かなりてれてれ休憩しながらです。

1 レイジングスピリッツ(次男とワタシ)(50分)
2 並行して フライングカーペット(長男・娘)(5分)
  (2回目並んだらシステム停止だって!ははは)
3 トランジット・スチーマー・ライン(5分)
4  サマー・スプラッシュ、軽い熱中症の娘にかき氷食べさせて休憩しながら眺める…
5 アクアトピア(びしょ濡れVer.)(35分)
6 フライングカーペット(30分)
7 ハンガーステージでショー(0分)
8 アクアトピア も一回(びしょ濡れVer.)(35分)
9 インディジョーンズ(60分)
10 トランジット・スチーマー・ライン(10分)
11 トイ・ストーリー・マニア(FP10分)
12 タワー・オブ・テラー(次男とワタシ)(35分)
  並行して 長男たちはエレクトリック・レールウェイ。

あとは、ファンタズミックの場所取り。

こんな感じです~。でもって、ショーの後に撤収~~。
夏休みだけど、思いのほか楽しめたなあという実感。

4 アレルギー娘の食べるもん
TDSでまだ慣れないのが食事関係。
幸い、アレ娘も大分緩和してきてパンなら食べられるようになってきたので…今回は持ち込みはしませんでした。
基本、テイクアウトで。
ホットドッグ(アメリカンウォーターフロント)
TDのウインナー関係は乳製品不使用と聞いていたので、GO!


ユカタンソーセージドッグ(ロストリバーデルタ)
結構、ボリューミー。
お腹にどかんと来ます。

餃子ドッグ(ミステリアスアイランド)
こいつもかなり、ボリューミー。
ファンタズミックの時間待ちで食べてました。

フローズンデザート(メディテレーニアンハーバー)
かき氷ドリンクですね。いい値段してたけど…おいしかった。
途中、頭痛くなってもうた娘を中から冷やすのに効果大。
 
4 のむもん
現地での購入ペットボトルは¥200。
家から1本ずつ持って行って、その後一人当たり3本くらい買い足しました。結構ばかにならんよ。でもこの時期仕方ないのかもしれないが…。

でも、アトラクションの待ち列の途中なんかに、水飲み場がありますから、水でよければそれでフォローも可能っちゃあ可能。

アトラクション感想は、次!

これまでのTDLのチャレンジはこちら

江戸東京博物館にお出かけ!

部活の休みの日を狙って、江戸東京博物館へ行ってまいりましたっ!
両国駅から徒歩2分。国技館の隣の妙な建物。9:30開場です。
展示を面白いと感じるのは、歴史好き、時代劇好きの小学生中学年以上。
この日は、小3娘は父親と別行動だったのですが、一緒だったらたぶん早々に「帰ろう」コールが出ていたと思われます。息子小5&中2。これでストライク。
  
ベビーカーでもOKのエスカレーターで、3階相当の広場まで上がります。


このエスカレーターが子供たちはかなり楽しかったらしく。「未来っぽいじゃーん!」だってさー。


広場でチケットを買ったら、さらにエレベーターかエスカレーター(階段のみ)で6階の展示場まで上がります。
でも、この解放感を味わわなくてもよい、というのであれば、上の写真の階段の左側へ回ると…1階から直接6階に上がれるエレベーターがあります…。はい。

■展示資料■
江戸~明治・昭和の東京の展示が中心です。模型、実物の展示が多いので、大人、歴史の勉強が好きな小学生高学年以上が見てて面白い博物館。

(あと、時代劇好きの小学生ね)



 
 うちの子らの、興味津々ポイントは以下。
・大名駕籠に座れる。
・人力車、ダルマ自転車などに乗れる♪(動かないけど)
・模型好き垂涎、日本橋付近再現模型。子供らかぶりつき。
・千両箱持ち上げ体験。
・歌舞伎の文字通りの舞台裏模型(動く)
・東京の地層モデル(どの深さで何が発掘されたかっての)
・初期の電話(話すのと聞くのが別機械のあれ)。
・東京大空襲の記録ムービー。(強制的に連れてったけど)

 
 ■観覧所要時間■
結構こまかく面白がってた我が家は、現地で5時間立ちっぱなし。本当に足が棒になりました…。さらっと流して見るなら2時間くらいで十分なのかも。
 
■お昼ご飯ですよ■
1階、7階にレストラン系がいくつかあります。
各フロアから、いったん退場する形になりますが、チケットを持っていれば再入場ができます。
今回は最上階の展望レストランでカツ丼。(¥1300 結構高い…最安値はざるそば。でも「足りない」そうだ。by 小5息子)

安くすませようというなら、退場後、駅近くにマックとかサンマルクとかあります~。お弁当持参なら3階の広場に無料休憩所あり。
 
■館内の水分補給■
館内は飲み物持ち込む不可です。博物館だもん、当然ですね。
ただ館内あちこちに水飲み場があります。休憩用のいすもあちこちに。
高齢者が多そうな施設だからでしょうかね~。
 
 ■授乳室■
1階、5階にありまっせ。

■まとめ■
「探検!バクモン」で潜入していたのを見て、行きたいスポットになっていたらしく、くいつきは上々。ただし、全精力を傾けて見学してしまうので、親の疲労度はMAX。帰る間際は椅子で寝てました…ワタシ。

■おまけ■
両国駅が予想外に面白かった!

土俵を模した床面とか、

横綱と背比べコーナーとか。
ぜひ楽しんでくださいまし。

★リンク★
江戸東京博物館  行く前に要チェック。
         子供用ワークシートもあるのでプリントしていくがよろし。






プロフィール
HN:
まりえ     
性別:
女性
自己紹介:
中3boy、小6boy(卵白←解除&ハウスダストアレルギー)、小4gal(牛乳アレルギー)の働く母でございます。
オットの実家が遠いので、せっせと飛行機、新幹線を駆使して移動してましたが、最近は車でドライブ旅行を兼ねて。
ぼちぼち書いていきます。どうぞごひいきに。
コメントどうもです
[04/29 まりえ]
[04/28 すれてる]
[04/27 まりえ]
[04/26 アンデルセン]
[02/16 オレンジ]
ブログ内検索
アクセス解析

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne