忍者ブログ
3人子連れでのお出かけ記録や、ワタシ流お出かけ・旅行のコツなどをぽつぽつと。過去記事は赤ちゃんコミ。 ★カテゴリー⇒「ひとっとびリスト」を見てね★ なにかのお役にたてれば嬉しいです。(牛乳アレルギー対応^^;) ご参考になりましたら、ぜひコメントお待ちしてます。 「暇刊女教師」はアレルギー・育児ネタ取り揃えており。そちらもどぞ!(右サイドからリンクしてます)
[51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サファリランドへおでかけ:山口県秋吉台

lionbus.jpg秋芳洞の近くにあるサファリランド。そうです、動物バスにのって、猛獣ゾーンを走る、あのサファリランドです~。
関東だと富士サファリパークが有名ですが、こんなところにもありました!
@山口県美祢郡美東町。


交通:路線バスは本数がまるでないと、夫の談。
自家用車などでの移動が吉。萩、湯田温泉など山口の主要観光地から1時間圏内にあります。
帰省先なので山口駅についたときに8人乗りのレンタカーを借りました。

メンバー:1歳娘、3歳息子、小1息子、ワタシ、オット、オットの両親、総勢7名。
所要時間:半日。くたくたになる。赤ちゃん連れなら、他の観光地との抱き合わせはやめといた方がいい。

□自家用車か、トラバスか□
園内の猛獣ゾーンをめぐるのに、園のバスで行くか、自家用車でそのまま入場するかが選べます。
自家用車(゚Д゚;))))))))))
傷つくのが怖い、以前に万一立ち往生したらと思うと震えが止まらないので絶対バス・・・・・・・
というかね、子連れなら気が散らないようにするためにも、トラバスをおすすめします。
また、バスだとえさがもらえることがわかっているので、動物たちも積極的に寄ってきます。

着いたらまず、バスのチケットを購入
バスは30分おきくらいに出発するのですが、乗車人数が30人足らずと限られています。着いたらまず時間を指定してチケットを買っときましょう。すご~く空いてる風に見える日曜日だったにも関わらず、バスだけは1時間以上の待ちになりました。いったん乗ると30分くらいの行程になるので、トイレを済ませるようにしたいものです。
料金は、4歳以上¥1000。
これは、猛獣に食べさせるえさ代込み。なかなか楽しいです。
時間つぶしは、併設の遊園地をぷらぷらと。

□いざバスへ!!両手をあけておこう□
車内は、長いベンチが背中合わせに一列、バスの背骨のように配置されているだけ。シートベルトもないので、小さいお子さんはだっこ必須です。
CIMG0579mini.JPG4歳以上には「えさばこ」が渡されます。乗ってしまえば足元に置けますが、できるだけ両手が開いている方が子供には対応しやすくなります。(肉食獣ように、ささみの切り身。草食獣用には、なぜかフランスパンの角切り・・・)

これは、園内の熊・・・・
□バスでえさやり体験□
CIMG0581mini.JPG車内に、火バサミがありまして、それでえさをはさんでは、鉄格子のはまった窓からシマウマだのトラだのの口元にえさを運んであげるという・・・・・なかなかシュールな体験ができます。

猛獣たちも、始終えさをもらえるからか、思いのほかおとなしく、がつがつしてはいないので子供にはちょうどよいです。大人のえさ箱の分も、結局こどもにやらせたりするので、親は結構忙しいですよ~~。

□そしてバスの終点は・・・・□
なぜかバスの終点は、発車地点ではありません。猛獣ゾーンだけをバスは走りぬけ、園内中央で全員おろされます。そこからは、てけてけと柵越しにカンガルーやキリンやらを見ながら歩けるようになっています。ライオンの赤ちゃんがいたり、ウサギだのヤギだの・・・・。バスもしばらく停まってるので、記念撮影可!

その後は、園内併設の遊園地を通り抜けるように・・・・・・・・(^^;)。
園の入り口までは、結構な距離があります。大人の足でも10分くらい。お義父さんは辛そうでした・・・・・。
娘の方も、ベビーカーがないので、ずっとだっこで移動です。バスにベビーカーは乗せられなかったし。

自家用車で入園した場合、この地点には駐車場があるので回るのも楽そう。
バスに乗らずともこの地点にこられるのであれば、赤ちゃん連れはちょっと楽になるかなあ。
この点については未確認です。

□遊園地□
CIMG0570mini.JPG後楽園とか、富士急ハイランドが遊園地のスタンダードだと、大変ミニサイズの遊園地です。そして、すいてます^^;)))。
でも、バスの時間待ちにいいなあ~~と思うのは観覧車。動物を一望できるので、息子たちは大喜びでしたよ~~。入園券を見せれば無料で入れます。乗り物チケット代は別。

□赤ちゃん施設□
真夏の炎天下、バスの中で忙しくえさやりをし、遊園地内を歩いて疲れまくってしまったので、売店までチェックはできませんでした・・。夏はヘヴィーですよ・・・・まじ。(40近い夫婦)
とりあえず、ゲート近くの休憩所には、オムツかえ用のベッドを確認。
水分補給用の水筒などは、しっかり持っていくことをお勧めします。

□気になるお値段□
中学生以上 入園¥2400(サファリ、遊園地)、バス¥1000
4歳以上   入園¥1200、バス¥1000

□お昼ごはんですよ~□
園内にもレストランがあるのですが、お義父さんのおすすめで、ここから車で5分ほど行った先にあるオートキャンプ場に隣接したレストランまで足を伸ばしました。この辺、家族連れ向けの施設が集まってるようです。
座敷でくたくたの足を伸ばせたのが大当たり。食事もおいしかったです♪

  リンク:秋吉台サファリランド
      食彩館みとう

PR

無題
うぉぉぉ~。こんなところでこんな記事に会えるなんてうれしい私。なぜかといえば、私、幼少の記憶があるころから小学校低学年まで美祢に住んでおり、このサファリパークも何度か行ったのでした。かれこれ30年以上前になってしまうのですが。。。まだ健在だったことに、うれしく思うのでありました。子供と旦那を連れて、子供が私がいたころの年齢になったら行ってみようと思います!(修学旅行で近くまで行ったものの、30年以上は行っておりませんので)
山口でしたか~
ちゃいさん、どうもです。山口でしたか~~~。「まだ健在」いやいや、ワタシも同じこと思いました。昔は遊園地はありませんでしたよね?

小学生には面白くてたまらないみたいです。サファリ。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
まりえ     
性別:
女性
自己紹介:
中3boy、小6boy(卵白←解除&ハウスダストアレルギー)、小4gal(牛乳アレルギー)の働く母でございます。
オットの実家が遠いので、せっせと飛行機、新幹線を駆使して移動してましたが、最近は車でドライブ旅行を兼ねて。
ぼちぼち書いていきます。どうぞごひいきに。
コメントどうもです
[04/29 まりえ]
[04/28 すれてる]
[04/27 まりえ]
[04/26 アンデルセン]
[02/16 オレンジ]
ブログ内検索
アクセス解析

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne