忍者ブログ
3人子連れでのお出かけ記録や、ワタシ流お出かけ・旅行のコツなどをぽつぽつと。過去記事は赤ちゃんコミ。 ★カテゴリー⇒「ひとっとびリスト」を見てね★ なにかのお役にたてれば嬉しいです。(牛乳アレルギー対応^^;) ご参考になりましたら、ぜひコメントお待ちしてます。 「暇刊女教師」はアレルギー・育児ネタ取り揃えており。そちらもどぞ!(右サイドからリンクしてます)
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レンタカーを借りる 1

なまじ自家用車を持っていると、どこへでも車で行こうと思いがち。
でも、車だと、ドライバーが行くだけで疲れちゃう。
もっと気軽にレンタカーを利用してもいいんじゃないかなあ、と考えるようになったこのごろです。
(家族が増えて、半端な大きさじゃ、旅の荷物が入りきらない不安もあるし・・・)
(かといって、そのためだけにやたら大きい車に毎日乗るのも維持するのもね・・・)
何度か、レンタカーを借りたときのポイントを整理しておきますね。ご参考になればうれしいです。

1 利用駅近くの営業所を探す
目的地まで電車や飛行機で移動した場合、駅のそばでレンタカーが借りられるのがベスト。
新幹線が停車する大きな駅などは、数社が選べます。
レンタカー会社も複数あるので、レンタカー営業所検索などのサイトで「駅名(空港名)検索」をかけると早いです。A車で借りられなくてもB社ならあった、ということもあるので、あきらめないで

2 各社サイトでやること
★まず車種を選ぶ-チャイルドシートを念頭に
レンタカーの予約では、まず車を選びます。普通「この車に乗ってみたい」「何人乗る」ってのを基準に選ぶと思うんですが、ちび連れの場合「チャイルドシートが乗るか」を基準にしなければなりません。
小さい子連れの場合、チャイルドシートなしでは貸してくれません。
チャイルドシートも一緒に借りられますし、当日はセットもしてくれます
大体、レンタル期間を通して¥500くらいです.

うちはチャイルドシートの必要数が2。
帰省ではそのほか5人が乗るので、7人乗りのミニバンでは間に合いません。
(チャイルドシート足し算2+5=8・・・・・・)
結局8人乗りのBOXYを借りました。

チャイルドシートを2つ以上載せる場合、レンタカー会社に問い合わせてみるのが確実です。
ひとつなら、どの車種も問題ないでしょう。

★借りる期間を選ぶ
★運転予定者、同乗者数などを登録する

と、大体ここまでくれば予約は完了です。
予約完了画面はプリントアウトして、当日持参しましょう。

3 予約は早ければ早いほど安い
予約が一月前だったりすると、会社によっては通常のレンタル料金の5割引くらいになるところがあります。
予定が動かないなら、これは絶対やっときたい条件。
キャンセルの規定も確認しておきましょう。おおむね1週間前くらいのキャンセルまでなら料金は発生しません。

4 大家族の場合、予約は早めに
ぎりぎりになって探してもないんですよ・・・・・大人数用のミニバン、ワゴン。
連休や、夏休みだと、やはりみんな同じこと考えるみたいで・・・・
4人家族くらいだと、車種さえ選ばなければね、よさそうなんですけどね。

5 借りるときに必要なもの
★クレジットカード
  支払い用です。現金の場合、いろいろ証明書類が必要になるようです。
★免許証
  借りたとき、夫がいなかったので、オットの免許のコピーを持参。あんまりうるさくはなかったです。

6 返すときに必要なこと
★ガソリンを満タンにしておくこと。レンタカー会社の近所のスタンドを紹介してくれます。そこでレシートに「満タン証明」印を押してもらって返却完了。

ね、以外に簡単でしょ。つづく。

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
まりえ     
性別:
女性
自己紹介:
中3boy、小6boy(卵白←解除&ハウスダストアレルギー)、小4gal(牛乳アレルギー)の働く母でございます。
オットの実家が遠いので、せっせと飛行機、新幹線を駆使して移動してましたが、最近は車でドライブ旅行を兼ねて。
ぼちぼち書いていきます。どうぞごひいきに。
コメントどうもです
[04/29 まりえ]
[04/28 すれてる]
[04/27 まりえ]
[04/26 アンデルセン]
[02/16 オレンジ]
ブログ内検索
アクセス解析

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne