忍者ブログ
3人子連れでのお出かけ記録や、ワタシ流お出かけ・旅行のコツなどをぽつぽつと。過去記事は赤ちゃんコミ。 ★カテゴリー⇒「ひとっとびリスト」を見てね★ なにかのお役にたてれば嬉しいです。(牛乳アレルギー対応^^;) ご参考になりましたら、ぜひコメントお待ちしてます。 「暇刊女教師」はアレルギー・育児ネタ取り揃えており。そちらもどぞ!(右サイドからリンクしてます)
[87]  [86]  [85]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [77]  [76]  [75

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

千葉市科学館へおでかけ!

chiba01.jpg県庁所在地千葉に最近できたビルの中に科学館はありました。
その名も「きぼーる」(…コメントは避けよう、コメントは…)

そのビルの7~10階が科学館。
【メンバー】小1息子・小4息子(娘は帰省中)
【アクセス】電車なら、JR千葉駅からてくてく15分、京成千葉中央からなら6~7分。うちは車で行きましたが、周辺のパーキングに入庫。ビル地下にPあり。¥100/20分。

【入館料】大人¥500、小学生¥100
プラネタリウム別料金。大人¥500、小学生¥100
入館+プラネタリウムだと、セット料金設定あり。各々¥800、¥160。

◆展示
chiba03.jpg
ここ、まじで面白いです。
とにかく最初から最後までインタラクティブ。
原理とかどーでもいい小学1年生から、仕組みを考えようとする高学年、大人まで楽しめます。科学遊園地って感じ。

↑エア障害走のようなもの。

飽きることなく何時間もいました。
b77e764e.jpeg
←擬態している昆虫を探すコーナー。難しいっ!
 
chibao2.jpg 

↑センサーを利用した反射神経ゲーム。タイムが出るので、子供たちからメラメラと炎が出ているのが見える。

順番が守れる子なら、もうフロア放置で親はゆっくりしていてもいいかも^^)

◆プラネタリウム
ここのメインはプラネタリウム。200席のでっかい球状でシートも広くて快適。
プログラムも日に何種類もあるんだけど、呑気にいったらお目当てのプログラムは満席満席…で、結局行った時間から3本もあとのプログラムしかとれず。
見たいものがある時は、早めにいった方がよさそうです。

◆赤ちゃんは?
やはり科学館ですから、赤ちゃんが行くより小学生が行った方が面白い。でもお兄ちゃんお姉ちゃんを連れてくのに、弟もつれて・・・というのはそんなに大変じゃなさそうです。ただし、科学館内を上下するエレベーターはなく、階段とエスカレーターのみ。ベビーカーは畳んで運ばないとっ。

・おむつ換えスペース…各フロア
・授乳室…なし。
ただし、同じビル内に「子育て支援館」というフロアがあって、そこで利用できるようです。赤ちゃん向けおもちゃなんかもそろっているみたい。科学館はチケットがあればその日のうちなら出入りは何回でもできるそうですから。

◆ご飯はどうする?
chiba06.jpg
科学館内に飲食スペースあり。飲み物の自販機がありまふ。

同じビルに何軒か飲食店あるけど、定員少ないです。
駅前にはファストフード店がそこそこあります。


★リンク 千葉市科学館
      きぼーる(科学館のあるビル)
      子育て支援館

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
プロフィール
HN:
まりえ     
性別:
女性
自己紹介:
中3boy、小6boy(卵白←解除&ハウスダストアレルギー)、小4gal(牛乳アレルギー)の働く母でございます。
オットの実家が遠いので、せっせと飛行機、新幹線を駆使して移動してましたが、最近は車でドライブ旅行を兼ねて。
ぼちぼち書いていきます。どうぞごひいきに。
コメントどうもです
[04/29 まりえ]
[04/28 すれてる]
[04/27 まりえ]
[04/26 アンデルセン]
[02/16 オレンジ]
ブログ内検索
アクセス解析

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne